世界一“手厚いサポート”を目指す絞り込み検索プラグイン

「FE Advanced Search」は、WordPressサイトに複合条件(カテゴリ/タグ/カスタムタクソノミ/投稿年月/カスタムフィールド/キーワードの組み合わせ)による 絞り込み検索 フォームを、WordPressの管理画面から作成・設置することを可能にするプラグインです。

世界の43%以上のWebサイトはWordPressで構築されているというデータもあるように、WordPressを使用して様々なジャンルのサイトが制作されていますが、次のようなサイトに必要不可欠な機能があります…例えば、ネットショップ(ECサイト)、求人サイト、不動産サイト、中古車サイト、飲食店ガイド、イベント検索サイト、施工事例紹介、地域情報ポータルサイト、論文検索など…これらのサイトに必要な機能、それは様々な条件から記事を絞り込むことができる”絞り込み検索”フォームです。

FE Advanced Search(名称が長いため「FEAS」という省略表記も併用しています)は、後述するように非常に多機能で、あらゆる検索ニーズに応えられるプラグインです。

しかし、当プラグインが多くの他のプラグインより優れていると自負しているのは、無制限かつ手厚い、ていねいなサポートです。

FE Advanced Search の購入者のメリット

インストール
無制限

技術サポート
無料

アップデート
永久無料

※お支払いはサブスクリプションではなく、一度かぎりの買い切り価格です

WordPressには有償/無償問わず多くの便利なプラグインが存在しますが、PHPやWebの知識が十分ではない方が導入途中で不具合や技術的問題に出くわすと、何が原因でどう対処してよいか分からず立ち往生してしまう、ということがあるかと思います。また多くのプラグインは日本語化されておらず、サポートを受けるのにも言葉の壁があります。オープンソースにより高い自由度や多くの選択肢があっても、実際に問題なく利用できなければ使用をためらわれることもあるでしょう。

当プラグインは、オープンソースに付きまとう不安・不便を取り除くべく、お客様のサイトで無事に絞り込み検索が稼働するまで責任をもって無償で技術サポートさせていただくとともに、WordPress本体のアップデート時への対応や、今はまだ実装されていないさらに便利な機能を無償で入手できる権利までパッケージにしたプラグインです。その分、少しばかり他のプラグインより高めの価格設定にさせていただいていますが、トータルではきっとご満足いただける内容だと思います。

“絞り込み検索”の用途

求人サイトや不動産サイトなど、決められたフォーマットで大量にデータを蓄積していくようなサイトでは、エンドユーザーが希望の条件で記事を絞り込める必要があります。これらのサイトはブログなどと違い、目的が明確であり、求めている情報にスムーズにたどり着ける必要があります。また記事数も多くなる傾向にあり、ユーザーに快適・便利に利用していただくためにも絞り込み検索機能の設置が不可欠です。

絞り込み検索の必要性

求人サイト
不動産サイト
中古車検索サイト
ECサイト
各種ポータルサイト
製品カタログ
ニュースサイト
企業サイト
ブログ

FE Advanced Searchは汎用的につくられていますので、上記左列のサイトに限らず、同様のあらゆるサイトにお使いいただけます。

検索連動広告の出稿対策として有効な絞り込み検索

アフィリエイトサイトなどをGoogle広告/Yahoo!プロモーション広告などの検索連動広告に出稿する際には、絞り込み検索とソート機能が、掲載の判断基準の一つでもある「コンテンツの独自性」の一つとして有効であるとされています。

参考)広告掲載基準変更 解説資料(PDF) – Yahoo!プロモーション広告

近年、上記理由で導入いただく方が増えております。アフィリエイトサイトは、同じフォーマットで別商品/ジャンルへ横展開して多数のサイトを作られる方も多いですが、当プラグインはサイト毎に追加のライセンス料は不要ですので、サイトをたくさんつくってもコストがかさみません。

“絞り込み検索”の機能

絞り込み検索 プラグインの設定画面 - 検索項目作成の全体イメージ
設定画面の全体イメージ。コードを一行も書かずに検索フォームを作成できます。

絞り込めるコンテンツ

  • 投稿
  • 固定ページ
  • カスタム投稿タイプ

上記を単独、または複数横断的に検索できます。

絞り込み検索 プラグインの設定画面 - 検索対象の投稿タイプを指定する機能
検索対象の投稿タイプを複数指定できます。

絞り込める条件

  • 投稿年月
  • カテゴリ
  • タグ
  • カスタムタクソノミー(ターム)
  • カスタムフィールド(注: Advanced Custom Fieldsは未対応 2022/4/25 v1.8.8で部分的に対応
  • キーワード検索(タイトル/本文/抜粋/記事のターム名/コメント/カスタムフィールド)

上記を複数組み合わせて(AND検索で)絞り込み検索できます。

検索フォームの形式

下記のform要素で検索条件を表示できます。

  • ドロップダウン
    (Ajax対応)
  • セレクトボックス
    (複数選択した場合のAND/OR検索の設定が可能)
  • チェックボックス
    (複数チェックを付けた場合のAND/OR検索の設定が可能)
  • ラジオボタン
  • テキストボックス
    (タイトル/本文/抜粋/記事のターム名/コメント/カスタムフィールドをフリーワード検索可能)

記事の”ソート”機能

検索結果の並び順を以下の条件に指定できます。

  • 投稿日時(昇順/降順)
  • タイトルの50音順(昇順/降順)
  • タイトルのslugの50音順(昇順/降順)
  • 特定のカスタムフィールドの値(数値または文字列の設定、昇順/降順)
  • ランダム
  • 複数のカスタム投稿タイプ対象の場合に、投稿タイプごとにソート
絞り込み検索 プラグインの設定画面 - 検索フォーム全体の設定画面
検索結果のデフォルトの並び順を設定

また、上記の検索直後の並び順の設定の他、エンドユーザーが任意の並び順に変えられるソートボタンも作成できます。

絞り込み検索 プラグインの設定画面 - 検索項目の作成画面
ソートボタンの作成
絞り込み検索 プラグインの設定画面 - ソートボタンのプレビュー画面
ソートボタンのプレビュー

“絞り込み検索”機能の詳細

キーワード検索の対象

  • タイトル
  • 本文
  • 抜粋(excerpt)
  • カスタムフィールド(すべてor複数のキーの指定が可能)
  • コメント
  • 記事が属するタームのname

WordPress標準の検索窓は「タイトル」と「本文」のみ検索しますが、FEASは上記をターゲットに指定できます。半角/全角、ひらがな/カタカナの区別(あいまいさ)のOn/Offも可能です。

Ajaxフィルタリング

親カテゴリ/タームのドロップダウンの選択に基づいて、別のドロップダウンに子カテゴリ/ターム一覧を呼び出すことができます。全国の市区町村や車の車種など、一つのドロップダウンに呼び出すには膨大な数になる場合に、関連するカテゴリ/タームのみを段階的に表示できるので実用的です(対象のカテゴリ/タームは親>子>孫と階層構造にする必要があります)。

範囲を指定した”絞り込み検索”

投稿年月/カスタムフィールドの検索は、指定した値より未満/以下/以上/超を検索する”範囲検索”が設定可能。2つ条件を組み合わせて「○○以上〜○○以下」という検索も可能です。

HTMLタグの挿入

検索フォームの各検索パーツ(ドロップダウン・チェックボックスグループ等)の前後と見出し部分に、任意のHTMLタグを挿入できますので、検索フォームをCSSで自由にデザインできます。アクション/フィルターフックを使用すれば、個々のチェックボックスなどが出力されるHTMLをさらにこまかく変更できます。

特定タームの除外

特定のカテゴリー/ターム/タグが検索条件に表示されないよう除外できます。

表示階層の指定

階層化されたカテゴリー/タームをドロップダウン等に呼び出す際、何回層まで表示するか指定できます。また階層の指定により、前述の「Ajaxフィルタリング」で表示するドロップダウンの数も制限できます。

未登録タームの表示/非表示

記事が0件のタームを表示/非表示が設定可能。

検索パーツ内の並び順変更

ドロップダウン等の中のカテゴリー/タームの並び順を term_id / name / slug / カスタム(別途プラグイン併用) / ランダム の順に変更できます。

ver1.8以降、検索項目を自由記述形式で作成できるようになりました。実在しない値(将来追加される値)や切りの良い値など、自由にフォームの内容を記述できますので、特にカスタムフィールドでの範囲検索がより実用的になりました。

絞り込み検索 プラグインの設定画面 - 自由記述による検索項目作成機能
記述したとおりの順序・表記でドロップダウンを構成可能に。マイナス記号でインデントを表現。
絞り込み検索 プラグインの設定画面 - 自由記述で作成された検索項目(ドロップダウン)
記述したとおり表示

専用CSSフォーム

テーマのstyle.cssを触らずに、検索フォームのCSSを記述できます。

複数の”絞り込み検索”フォームを作成・管理

作成できる検索フォームの数に制限はありません。サイト内のカテゴリやヘッダーやサイドバーなど設置箇所に応じた最適な検索フォームを作成し、同時に設置できます。ソートボタンも複数作成できます。

キャッシュ機能

検索フォームをキャッシュすることで表示の高速化を図れます。キャッシュの有効期限の設定もできます。

インポート/エクスポート

検索フォームの設定データをインポート/エクスポートできます。サイトの引っ越しや開発環境から本番環境への移行などに便利です。

NEW 多言語サイトに対応

v1.9にて多言語プラグイン「Polylang」に対応しました。それぞれの言語で検索した際にその言語のコンテンツのみが 絞り込み検索 されます。

NEW Advanced Custom Fieldsに対応

カスタムフィールド系プラグインとして大変人気のある「Advanced Custom Fields」に、v1.8.8以降、段階的に対応しています。従来より大変多くのリクエストをいただいてきました。

NEW フィルターフックを実装

v1.9.1にてフィルターフックを大幅に実装しました(96箇所)。これにより、プラグインがデフォルトで出力するHTMLタグを変更したり、追加の処理を挟み込むカスタマイズなどがしやすくなりました。

“絞り込み検索”プラグインの導入事例

メールにて導入事例をご案内しております。お問い合わせください。
(Google等で「fe_form_no」でヒットするサイトには当社プラグインが導入されている可能性が高いです)

デモサイト

デモサイト1(求人サイト)

デモサイト2(多言語サイトでの言語切替のデモ)

プラグイン設定画面など自由に触っていただけます。

動作環境

保証/使用条件/その他

  • 一度ご購入いただければ、サイト数の制限なくご利用いただけます(サイト毎に追加ライセンスをご購入いただく必要はありません)
  • 今後のアップデートもすべて無料です。
  • 前述の環境において使用される限り保証いたします。また、可能な限り無料で(チャットワーク/Email/電話/画面共有などにて)技術サポートさせていただきます。
  • 各種プラグインとの併用時の不具合については、すべてのプラグインとの併用について動作を保証することは実際には難しいですが、事前に使用予定のプラグインをお知らせいただければ、あらかじめ当方にて動作チェックを行わせていただきます。また不具合が見られた場合は、今後のアップデートで可能な限り対応いたします。
  • 商品の性質上、商品引き渡し後の返金はできません。

※「WordPress」という名称およびロゴは、WordPress Foundationの登録商標/意匠です。

価格

¥59,800 (税込)

※お支払いは一度かぎりの買い切り価格

  • サイト毎のライセンス料:無料
  • 技術サポート:無料
  • 今後のアップデート版の入手:無料

WordCamp(または各地のmeetUpなどのイベント)ご参加の皆様には特別価格で提供させていただいております。詳細はお問い合わせください。

お支払い方法

  • 銀行振込
  • PayPal/クレジットカード
  • 対面での現金/クレジットカード

納品までの流れ

  1. 商品ページにて「カートに入れる」から購入ページへお進みください。
  2. 購入が完了すると、PayPal/クレジットカードの場合は決済完了画面に記載されたリンクからすぐにダウンロードできます。また注文時に当サイトにアカウントが生成され、ログインパスワードが記載されたメールが送付されますので、「マイアカウント」へログインしていただくことで、いつでも最新版をダウンロードいただけます。
  3. 銀行振込の場合は、購入完了後にお振込先口座が記載されたメールが届きますので、代金をお振込みください。当社にてご入金を確認できましたら、ダウンロードのご案内メールが送付いたしますので、PayPal/クレジットカードの場合と同様に「マイアカウント」へログインして最新版をダウンロードしていただけます。

将来的に実装予定の”絞り込み検索”機能(案)

  • ドロップダウン等の検索条件を(WordPressに登録されている値ではなく)任意の表記を可能に
    ※現状、カスタムフィールドの値は検索パーツ内で任意の順に並べ替えできない件を解決
    ⇒ version 1.8 にて実装
  • Ajaxフィルタリングをドロップダウン以外の形式にも対応
  • インクリメンタルサーチ
  • アクション/フィルターフックの実装 v1.8.7以降順次追加
  • AND/ORの自由な組合せ
  • ネットワーク(マルチサイト)の横断検索
  • 検索速度の高速化 ⇒ version 1.7.4 以降、段階的に改善
  • ユーザー(投稿者)での絞り込み検索
  • 検索フォームのデザイン機能(CSSに詳しくない方でもなるべく簡単にきれいに作成可能に)
  • 多言語対応 ⇒v1.9にて「Polylang」に対応
  • MySQL5.7の日本語全文検索に対応

現在わかっている不具合・問題点

  • 本文に添付されたPDFなどのファイル名について、現状はMacからアップロードされたファイルで濁点・半濁点が含まれるファイル名はヒットしません。WordPress本体の対応待ちです。WP6.1で改善する見通しです
    WP6.1での改善にともない、v1.9.3にて対応済み

関連サイト

Twitter

Facebook

チャットワーク

国内WordCampに協賛し、ブース出展

“絞り込み検索”についての参考記事(紹介記事)

ご支援、ご愛顧に感謝いたします。

2006年、日本はまだWordPressの黎明期であったころにそのカスタマイズの自由度に可能性を感じ、クライアントのWebサイト構築に使用するかたわら、自社企画による求人サイトを構築しました。その過程で、様々な条件から仕事情報を探せる絞り込み検索機能が必要であることに気づき、プラグインを探すも存在せず、自社開発しました。その後、同検索機能をご覧いただいた方から検索機能の開発の打診を何件もいただいたため、有料プラグインとして商品化し、「FE Advanced Search」が誕生しました。

リリース当初よりWeb制作会社様やフリーランスのWebデザイナー様に多く導入いただいておりますが、近年は大手企業サイトや教育機関、さらにリスティング広告/検索連動広告(Google広告/Yahoo!プロモーション広告)へ出稿する際のユーザビリティー向上に有効な機能として、アフィリエイトサイト等へ導入いただく例も増えております。

今後も常にお客様のご要望を反映したアップデートを行い、より一層使いやすいプラグインに育ててまいります。

'絞り込み検索'プラグイン for WordPress FE Advanced Search

"絞り込み検索"プラグイン for WordPress
FE Advanced Search

¥59,800

  • インストール数無制限
  • 技術サポート無料
  • アップデート永久無料

「こんな検索できる?」「PHPやCSS詳しくないのだけど…」など、わからないことやご不安がありましたらお気軽にご相談ください。