ソートボタンの作成

検索 > ソート をクリックすると、下記のような画面が表示されます

  • ソートボタンの最初の1組が初期状態で表示されます

見出し

ソートボタンの前部に挿入する語句を入力します。HTMLタグが使えます。(省略可)

ターゲット

ソートボタンをクリックしたときに、何の値を基準にソートを行うか指定します。

  • 投稿日時 = 投稿日時を基準に並びます。
  • タイトル = タイトルを基準に並びます。英語、ひらがな/カタカナ、漢字、記号で分かれた上で英語はABC順、ひらがな/カタカナは50音で並びます。
  • スラッグ = 記事のスラッグ(URLに含まれる文字列)を基準に並びます(スラッグを編集するには、パーマリンク設定に%postname%が含まれるようにパーマリンクを設定した上で、各記事のタイトル欄をクリックして現れるパーマリンクの「編集」ボタンをクリックして行います)。
  • カスタムフィールド = 指定したカスタムフィールドのキーの値順に並びます。
  • ランダム = ボタンをクリックする度に、違った順に並びます。

カスタムフィールドのキー(カスタムフィールドのみ)

  • 作成済みのカスタムフィールドのキー一覧が表示されます。ソートの基準とするキーを選択してください。

数値/文字(カスタムフィールドのみ)

  • 数値  = カスタムフィールドの値を数値として扱います。価格順などでのソート時はこちらを選択してください。
  • 文字列 = カスタムフィールドの値を文字列として扱います。よみがな順などでのソート時はこちらを選択してください。

数値が保存されたカスタムフィールドは注意が必要です。

  • 「数値」の場合の並び順  = 50、100、2000、10000
  • 「文字列」の場合の並び順 = 100、10000、2000、50

昇順テキスト/画像

昇順のソートボタンをあらわす文字列を入力します(▲など)。画像を指定することもできます(あらかじめ「メディア」などにアップロードした画像をimgタグで入力)。

降順テキスト/画像

降順のソートボタンをあらわす文字列を入力します(▼など)。画像を指定することもできます(あらかじめ「メディア」などにアップロードした画像をimgタグで入力)。

前に挿入/後に挿入

各ソートボタンのセット(昇順/降順ボタンの1グループ)の前後に挿入するHTMLコードなどを記述します。(省略可)

並び順

各ソートボタンの並び順を設定します。

表示

ソート条件の設定を残したまま、一時的に非表示にする場合「表示しない」に設定します。

消去

ソートボタンを削除したい場合、「消去」にチェックを入れて「設定を保存」をクリックします。

  • ひととおり設定したら、左下の「設定を保存」をクリックします。
    ※条件を一段分設定するごとに「設定を保存」してください。保存せずに「項目を追加」ボタンをクリックすると、直前の設定がリセットされます。
  • 設定を保存すると、プレビュー欄に今設定した内容が反映されます。
  • ソートボタンのデザインはCSSで記述します(現状、とくにソートボタンのデザインテンプレートなどは同梱していません)。

作成するソートボタンの切り替え

検索フォームを複数作成している場合、各検索フォームごとにソートボタンの作成が可能です。右上のドロップダウンから、対象の検索フォームを選択し「選択」ボタンを押して切り替え、各検索フォームごとにソートボタンの設定を行ってください。ソートボタンの作成は必須ではなく、必要な場合のみ作成および設置を行ってください。